2013年5月28日火曜日

もにまるずヒストリー17:2010年10月 最後の芸術祭

2010年4月から大学4年生になり、初のデザフェス出展、箱根彫刻の森美術館での販売、そして卒業後に作家活動をするにあたっての「もにまるず」の権利化を進めました。

もにまるずヒストリー16:作家活動に備えて、もにまるずの権利化

8月に箱根彫刻の森美術館での若手作家コーナーでの販売があり、9月から売り場を通常のコーナーに移動しレギュラー商品入りをさせて頂きました。

夏休みは箱根での販売、卒業制作の準備、先生からの紹介で目黒区美術館でのnaef展のお手伝いのアルバイトやらせてもらったり、銀座で木製玩具作品の展示などなど、てんこ盛りであっという間に終わってしまいました。

夏が終わり涼しくなってくると芸術祭がやってきます。
最後の芸術祭です。

もちろん、やるからには1位をとりたい。2年連続で大賞をとったら最高だ。全力のぶっちぎりの展示がしたい。最後だ、THE 芸祭展示 を見せてやる!くらいの意気込みでした。

しかし夏の諸々と、卒業制作の試作でなかなか芸術祭の制作の時間が作れませんでした。
スケジュールを見て毎日焦っていました。体力には自信がありましたが、それにしてもありえないスケジュールでした。

10/23(土) 卒業制作プレ展示(中間発表のようなもの)
10/30(土)〜11/1(月) 芸術祭
11/6(土)、7(日) デザインフェスタvol.32

なんだこれは!!毎週なんかあるじゃん!!!!
しかも一個のウエイトがデカすぎる!!!!!
これが学生時代の中で一番やばかった時です。でも絶対に悔いは残したくないから、へろへろになっても作り続けました。

卒業制作のプレ展示をなんとか終え、教授から色々と言われた事を全て横に置いておき、全ての力を芸術祭に注ぎました。

2010年10月、芸術祭!大学4年生。
テーマは「祭」!最後にふさわしい!
芸祭野郎・渡部学の最後の展示がこちらです!!
もにまるずのまとめ展示と、友達とのコラボ作品の展示です。

これが最後の芸術祭!ふりしぼって展示しました!
もにまるず。グッズの紹介と、一番右にあるパネルが、簡単なもにまるずヒストリー。


今回は「もにまるず」の展示と平行して「Hippo Hippo Stone」という友達とのコラボ作品を作りました。


「Hippo Hippo Stone」とは「バカバカしい」をコンセプトに、作りたかったけど自分一人では作れなかった作品を友達が協力してくれて一緒に作ったものです。


「スイカパンツ」
これを赤ちゃんに着させて、ピッとsuicaをやりましょう。
コラボ:渡部のアホさを知り尽くした「ばんちゃん」と。


「でんたるけぁ!ハワツイン!」
歯の指輪〜歯輪(はわ)〜を授業中に遊びで作ったのをふざけてアニメ商品っぽく仕立て上げました。
コラボ:しっかりものの、ふわふわ女子「のいちゃん」と。


「姫彼2012」
姫と彼のひめくりカレンダー・姫彼です。
お姫な彼女と、ダメダメな彼のための彼氏力UPカレンダー。
日々のミッションを遂行した日には素敵な彼になれるかも!
コラボ:天才マンガ家の「夏子様」と。


「Zi★99」
パッと見、かわいげ、よく見ると気持ち悪い。
実は図形の中にクリーチャーがひしめいています。絶対欲しくない(Zi★99)。無理あるタイトルだな〜。
コラボ:絵がめっちゃ上手い「トモカズくん」と。
「Buttonda-Backpack」
ぶっ飛んだバックパック。ボタンだバックパック。煩悩の数くらいのボタンが付いています。
もちろんボタンは付け替え可能でカスタマイズできるよ!金属のボタンだから空の状態で2kgくらいあるけどね!!!
コラボ:ストリート系&Djの「ぐっち」と。


これが最後の芸術祭の展示です。
色々とギリギリだったけど出し切りました。

この年の投票はweb投票でした。これを知った時から「ああ、これはいかんな〜」と思っていました。webだと来場者さんがその場ですぐにできる投票ではないので実は若干、不利なのです。それも考えて、ノートPCも常備しておきました。

また朝から展示場に立って説明もしました。
1日目、2日目、なるべくずっとプレゼンをしました。

友達が見に来てくれました。
家族が見に来てくれました。
先輩や後輩も来てくれました。

1年生の展示から見ていてくれた同級生のお母さんとも初めて会うことができました。
「成長しましたね」って言ってくれました。

知らない後輩たちが展示を見て、喜んでくれていました。
今回もたくさんのメッセージを書いてもらって「この展示を見れてよかったです」という下級生からの言葉がありました。

そして3日目。
1日目、2日目、たくさんの言葉と、たくさんの反応を見ていたら力が抜けてきて
賞をとりたい気持ちがある反面、
「あぁ、もう賞はいいや。できることはやったな。」

とも思えてきたのです。

突然、満たされた気持ちになって、最後の芸術祭なんだと実感が湧いてきて、それからはベンチにすわってぼーっと展示場を見たり、たまーに説明したりしていました。

投票が閉め切られる17時。

もちろん賞は気にはしていましたので、電話の準備はしていました。
なんとなく入賞はしている気はしていました。

17時15分…20分…25分…

ああ、これは入らなかったかな。
そして17時30分。

電話が鳴りました!

「渡部さんですか?入賞おめでとうございます!第五会議室までおこし下さい。」

「おお!今年もきたーーーー!」

3位以内に入っていたら嬉しいな〜と思っていましたが、
結果はギリギリ入賞の5位!!
まぁ全力で1位を狙わなきゃ2位も3位もとれないなんてわかっていました。
でも来たら来たでやっぱり嬉しい!!!!

まずはコラボしてくれた友達に連絡!
同級生に連絡!!
家族にも連絡!!!

受賞式に、同級生が集まってきてくれました。
「今年もやってくれたね!!」って。

去年に5位だったらむちゃくちゃ悔しかったのだと思います。
でも今回は、まったくそんなことはなく、友達と楽しく作れて、一緒に受賞できてそれでもう満足でした。

1年生は大大大失敗の芸術祭でもにまるずの前身「100ANIMALS」を作りました。
2年生は友達とのグループ展、「もにまるず」が誕生しました。
3年生は個人での制作に戻り、「もにまるず」と「CREATOY」で芸術祭1位をもらいました。
4年生は、「もにまるず」のまとめの展示と、友達と一緒にバカバカしい作品を楽しく作りました。楽しく5位入賞。

満足!!
最高に楽しい芸術祭だった!!
学生の多くの時間を費やして作ってきた「もにまるず」。
アイデアはあるけど自分だけでは形にできなかったバカバカしい作品たち。
思いっきり作れた!!





芸術祭は楽しく!作りたいものをやりたいように作ればいいんだよ!
という芸術祭への思いをこめて作ったのが実は「Hippo Hippo Stone」という作品でした。

芸術祭のパネルに書いた文章です。
ー ー ー ー ー ー
「Hippo Hippo Stone」

くだらなくたってイイんです。
素晴らしくなくたってイイんです。
大好きな友達と一緒に作ったらイイんです。
それが美大生だと思うんです。

ばかばかしい雑貨ブランド「Hippo Hippo Stone」
いつか作ろうと思っていても、ひとりでは作れなかったもの。
友達とコラボして作りました。

ありがとう、芸術祭。

グッバイ、アディオス、サヨウナラ。
ー ー ー ー ー ー

この年の芸術祭には、大好きだったバンドの「キノコホテル」がライブに来て、生で見ることができました。
もにまるずのまとめの展示をして、大好きな友達と作品を作って、満足の5位入賞をもらうことができました。

キノコホテルも、入賞も、最高のプレゼントでした。
みなさまのメッセージも大切な宝ものです。

最後の芸術祭は、最高の芸術祭でした。
芸術祭は、大切な、大切な思い出です。

執行部の皆様、ありがとうございました。

芸祭、最高!!!

こうして、もにまるずと共に歩んできた芸術祭は終わったのでした。

つづく







2013年5月26日日曜日

もにまるずヒストリー16:作家活動に備えて、もにまるずの権利化

2010年5月。初のデザインフェスタ出展が終わり、そこでお声かけ頂き「箱根彫刻の森美術館」での販売が始まり、作家としての第一歩を踏み出しました。
あれだけの出展ブースがある中、こうした出会いがあるのはとても嬉しいことです。

もにまるずヒストリー15:デザインフェスタ初出展

大学を卒業したら本格的に活動をしていくことになるので父と相談し、もにまるずを何かしらの形で権利化しておこうということになりました。

もちろん作品を作ったら著作権が発生するのですが、それ以外の権利化を進めることにしました。
弁理士さんとよく話して相談し、もにまるず全体を権利化できそうなのは「特許」という結論になりました。

デザインでは「意匠登録」をすることがありますが、もにまるずフィギュアを意匠登録するとなると100匹分の登録が必要になります。
また、形が違うものを作ったら追加で登録が必要になってきてしまいます。

もしくは、平面のイラストを登録する場合は「商標登録」もできます。®のやつです。例えば、うさぎのイラストを登録して「®」を付けてマークのようにして権利化することも可能です。
しかし、これも1キャラごとに申請が必要になります。
(この辺のことは勉強不足なので間違っていたらすみません)

このようなことから、非常に難しいけれど、最も大切なもにまるずのコンセプトを権利化することができる「特許」を狙っていくことになりました。
といっても、特許申請の書類は素人にはまっっっっっったく理解できない難解さです。

担当の弁理士さんが素晴らしく理解して下さり、自分でもふわふわしていたコンセプトを明快にしてまとめて下さいました。
もにまるずはキャラクターでありながらも、記号を用いてキャラクターを生み出す「システム」という面があり、それが作品の大事な部分になっています。
※これはとても大切な部分なのでいつの日か、書ける日が来たら書きます。

自分で考えた作品のコンセプトを別の人に「言葉」にしてもらうということは、とても貴重な体験でした。

弁理士さんが書類を作成し特許申請をしました。
しかし、拒絶査定が来ました。

拒絶査定というのは「これは発明ではないですよ」ということです。
弁理士さんが修正をし、再度出しました。
しかし、また拒絶されてしまいました。

もちろん、これにはお金も時間もかかっています。

3回目の申請。
2回も拒絶されたらあきらめてしまうものかもしれませんが、父も弁理士さんもあきらめず、さらに修正をして申請を出して下さいました。

そして3回目の申請でなんと特許査定が出たのです。

「フィギュアシリーズ、フィギュア型枠の製作方法、およびフィギュアシリーズの展示方法」


弁理士さんが言っていましたが、実は特許としてはかなり変わった特許らしいです。
しかし、とにかく登録されたのです!
弁理士さんのプロフェッショナル魂です。

大学1年生で考え、ひたすら作ってきた「もにまるず」。
キャラクターシムテム、作り方、展示の方法、これらが特許として認められたのです。「発明者」になったのです。
ここまで粘ってくれた父と弁理士さんに感謝です。ありがとうございます。

これに続き、「もにまるず」というひらがな表記と、もにまるずロゴ「monimoni ANIMALS」の商標登録も完了してもらいました。
作家活動の「守り」の部分を大学4年生のうちに準備することができました。



いつも周りの人に助けられてもにまるずは進んできました。
ここでは、絶対に自分ではできない部分である「権利化」を助けてもらいました。

大学4年生で学生は終わるけど「もにまるず」はここから始まるんだ、という強い実感がありました。

特許の件は、武蔵野美術大学のwebにも掲載して頂きました。
また、4年生の時にはもにまるずwebのリンクを、視覚伝達デザイン学科のwebにも貼ってもらっていました。(これはすごいこと!)
先生や、研究室の助手さん・教務補助さんはいつももにまるずをとても大切にして下さって嬉しいです。代が変わっても、研究室に置いて下さっていて、ありがとうございます。

武蔵野美術大学のweb
http://www.musabi.ac.jp/news/20100728_koho2_02.html
(※デザフェスの様子を取材して頂きました「産経ニュース」さんのサブカルちゃんねるのリンクは終了しています。)

特許の内容
http://patent.astamuse.com/ja/granted/JP/No/4533962/%E8%A9%B3%E7%B4%B0


次は、なんと、最後の芸術祭のお話です。
もにまるずヒストリー17:2010年10月 最後の芸術祭




2013年5月20日月曜日

デザインフェスタvol.37で思ったことなど

5/18-19の2日間、東京ビックサイトで「デザインフェスタ」がありました。
出展は今回で7回目でした。数えてみると結構出てますね。

これがもにまるずブース!


今回の目玉は「もにまるず50種類」でした。

前回は32種類くらいだっと思います。その前は20ちょいとか。
いつもなら、セット組作ったりガチャポンを置いたりするのですが、今回は「50種」をメインにストレートに勝負しました。

4月はお台場iine tokyoさん、原宿キデイランドさん、福岡黒木書店さん、5月上旬に上野ヤマシロヤさん、そしてデザフェスというモリモリなイベント状況でした。
5月上旬の上野ヤマシロヤさんで40種をやったばかりなのに、その2週間後にはデザフェスで50種です。

作りまくりました。

ほんとはもうとっくに100種類できているはずだったけど、まだ販売は50種。
そこらへんの自分の制作状況に対しては色々思うことはありますが、デザフェス自体は最高に楽しかった!
色んな人に会えて、ほんとにいい場所!
もにまるフレンズ(お客さま)や、同級生や後輩、先輩作家や、お世話になっているお店の方など、色んな人に会えるし話せる。それが最高に楽しい。

デザフェスなら思いつきでポンっと作って販売できる。

iPhoneケースも作りました

もにTは渋谷「ARTON」さんで作ってもらいました
ブースにはいつも、もにまるフレンズ(お客さま)がいて下さって、ほんとに嬉しいです。

さてここから、大事な話。思ったこと。2つあります。

いっこめ。
もにスタッフは「ひとつひとつ手作りで〜す」って言うんだけど、それに対して

「作ってる時は楽しいですか?」
という質問を受けました。

「楽しいですよ!」
と答えました。

この質問を受けてハッとしました。

最近、このことを考えていたからです。
きっと素朴な質問だったのでしょうけど、これはとても大切な本質的な質問です。


作っている時は楽しいか。

デザフェスは楽しい。お祭りだから。それはまわりの人も見ればわかると思います。
しかし「作っている時」も楽しいのかは、本人にしかわかりません。

作っている時は楽しいです。
ただ、ワクワクしたり、ドキドキしたり、ニコニコしたりするのはたまにです。
新作が形になった瞬間とか、新しい色や技を試している時だけです。

そういうわかりやすい「楽しさ」ではなく、ものを作り続けるには、もっと根元からのことを楽しめることが大切なんだな、と最近思っていたのです。

根元からのこと、というのは例えば「粘土をこねる」「やすりをかけてだんだんスベスベにする」とか「筆で色を塗る」とか、作品以前の作るための行為そのものを楽しむということです。
「展示するぞ!」とか「有名な作家になる!」という想いはもちろん大事ですが、それとは全く別次元の、もっと最初の部分のことです。

モノを作る人は、「展示する!」「賞をとる!」などなど色んな大きな想いがあるにしろ、きっとモノを作る根本のその行為が好きなんだと思います。紙を直線に切ることが好き、というか紙が直線にスッと切れる現象が好き、絵の具の色が混ざる途中の感じが好き、という次元で「作っている時が楽しい」のだと思っています。

それはたぶん外からみたら楽しそうにしていません。
無表情で紙を切ったり、絵の具混ぜたり、ヤスリをかけていると思います。
でも、楽しいです。

という意味をこめて「楽しいです!」と答えました。(何も伝わらない)

もうひとつ。
女の子が、もにまるずを友達にプレゼントすると言ってお父さんと一緒に選んでいました。
色々悩んだすえに買ってくれて、自分でもとても気に入ったらしく
「これあげたくなくなっちゃった〜」
と言ったら
「自分が人にあげたくないほど気に入ったんなら、きっと友達も喜ぶよ」とお父さん。

これは、名言だ、と思いました。
相手が欲しいと思うものをプレゼントする、自分でも欲しいと思うものをプレゼントする。
この2パターンの考えは自分でも持っていました。

しかし「自分が人にあげたくないほど気に入ったんなら、きっと友達も喜ぶよ」
この発想はなかった!

「欲しい」というテーマに関して考える材料が増えたな〜と思ったのでした。

こんな感じでもにまるフレンズ(お客さま)の何気ない言葉から考えるきっかけを頂けたデザインフェスタでした。

楽しくもにまるずを選んで連れて帰って下さるもにまるフレンズの皆様には本当に励まされています!
心から、作ってて良かった〜〜!って思います!
たくさんのご来場と、もにまるずをお飼い上げ頂き、ありがとうございました!!!


※ちなみにお客さまを「もにまるフレンズ」と言うのは、渡部が大ファンの「AMOYAMO」がファンのことを「フレンズ」と呼ぶことに由来しています



2013年5月17日金曜日

もにまるずヒストリー15:デザインフェスタ初出展

大学4年生では3つのことを頑張ろうと決めました。
もにまるずヒストリー14:大学4年生の3つの柱


大学四年生で頑張ると決めた三つのこと。
もにまるずの活動、芸術祭、卒業制作。

今回はもにまるずの活動について書いていきます。

大学三年の芸術祭で出会ったメンバーと活動を始め、まずはデザインフェスタに出よう!と言ってもらいました。
今までもデザフェスにはお客として行っていたし、外の人にも知ってもらいたいと思っていたので、とても嬉しかったです。

大学一年生の芸術祭の前、まだもにまるずが「100ANIMALS」だった頃、実はデザフェスの全ブースをまわって、もにもに素材を使った作品が無いか、似ている作品が無いかをチェックしていました。見た限り同じ素材で似たような動物を作っている人はいませんでした。それが意味するのは、ちょっとマイナーな素材だというのもありますが、素材の扱いが難しいということでもあるのですが、その時はまだ知る由も無く…。

そのくらいチェックをしているくらい、デザインフェスタはいつかは出したい舞台でした。
三ヶ月かけて、できる限りの数を作りました。作りまくりました。
何もわからないくてドキドキです。

デザフェスがスタートして「さわってみて下さ~い」って言って触ってもらいます。
出してみると反応が良い!
すごく良い! 


この時は10種類でした。



思っていたデザフェスのお店番とはまったく違いました。あまり途切れずにお客さまがいて、どんどん巣立っていきました。休むひまが無いぞ!?
すごい…これがデザフェス!

ここは芸術祭に続く俺のホームコートだ!!

なんと、デザフェス2日間で作った分が完売!!
嬉しかったな~。

今までに無い数を作って、ひたすらひたすら作って、買ってもらう。
お金を出して買ってもらうというのは、とても有難いことです。

このデザフェスに合わせて、プロモーションも仕掛けてもらいました。
Twitterバナー広告、雑誌掲載「花とゆめ」「MOE」。
Twitterバナー広告は、授業のあとに学校のPCで見ました。嬉しくて、でも実感がわかなくて、なんだか不思議な気分でした。
はめ込みではなく、これはスクリーンショットです。たしか。

雑誌掲載「花とゆめ」「MOE」、これは学校に行く前に本屋で買いました。
もにまるずが掲載されているページを探しているときのドキドキ感といったら…。
見つけたら「うわ〜〜〜〜!!!」って心の中で叫んで、平静を装ってレジへ一目散です。



そして携帯待受の配信も始まりました。

色々なメジャーなキャラと並んで雑誌に掲載しれたり待受が配信されたりしました。
大学4年生の5月。このあたりで「ああ、デビューしたなぁ」と思ったのでした。

「デビュー」というものが何なのかはよくわかりませんが、一年生の時から「ぜったいデビューするんだ!」って思っていました。

デザフェス会場で休みながら、携帯待受が配信されている携帯サイトを見て、
現実だかなんだかわからない嬉しさの中、しみじみと思いました。
「もにまるず、作り続けてほんとよかった。デザフェス、最高。作家活動、最高。めちゃ大変だろうけど、この道を、行けるところまで行こう。」

このデザフェスで、大きな何かを感じ、掴んだのでした。

さらに掴んだものは「大きな何か」という曖昧なものだけではなく、新たなお話も頂くことができました。
なんと「箱根彫刻の森美術館」ショッピングモールでのもにまるず販売です。



2010年7月、若手作家の作品を一ヶ月限定で販売する企画に参加することになったのでした。
販売したのは「うさぎ」「ひつじ」の2種類。



ありがたいことに、これが好評だったので、なんと通常の売り場デビューを果たしたのです!

わかりますか!?下段とはいえ、横にゴッホのしおりとかが並んでいます!


そして今(2013年5月現在)も継続して置かせて頂いております。

こうして初めてのデザインフェスタで、作家としての最初の一歩を歩み始めたのです。

つづく
もにまるずヒストリー16:作家活動に備えて、もにまるずの権利化


もにまるずヒストリー14:大学4年生の3つの柱


就職活動を終わりにして、卒業したら作家活動をしようと決めた大学3年生の3月。
もにまるずヒストリー13:就職か、進学か、作家活動か。進路のこと

大学4年生は作家活動の準備とフライングスタートの期間にすることにしました。
なぜフライングスタートかと言うと、準備だけだったら何かと言い訳をしてたいした事もやらずに終わってしまいそうな気がしたからです。
なるべく自分に負荷をかけていくことにしました。

自分の制作スピードや体力を把握して、作家活動に必要であろう「つくり続ける力」を少しでも身につけたかったからです。
「準備」だけではその力は付きません。実践あるのみです。

大学4年生は大きく3つのことをやることにしました。
もにまるずの活動、芸術祭、卒業制作。

もにまるずの活動は、大学3年の芸術祭で出会った仲間と一緒にもにまるずを広めていく活動です。
デザフェス出展や、携帯待ち受けやデコメなどのデジタルコンテンツ配信などを通してたくさんの人に知ってもらうための活動をしました。また、本格的に活動をするにあたり特許取得や商標登録のことも進めはじめることになります。

芸術祭は、一瞬出るのをやめようかとも思いましたが、もちろん出ることにしました。
「トップで去るのもかっこいいかな~」とか
「やるからにはまた上位にいきたい!」
「でも気力も体力もかなり使うこともわかっていいるし、どうしようかなー」
などなど、一瞬は思ったのですが
「そんなんどうでもいいから楽しいことやるべきっしょ!」
と思ったので参加することにしました。

もちろん先生には「え〜芸祭でるの〜?卒制大丈夫なの?」って言われましたが、「大丈夫っす!」って特に根拠もないハキハキした返事だけはしておきました。
芸術祭のしめくくりです。
友達とコラボ作品の制作、展示方法の実験、そして最後のもにまるず。
やりたいことはいっぱいです。

そして、なによりも最優先は卒業制作です。
もにまるずヒストリーを読んでいると、もにまるずばかり作っているように思われるかもしれませんが、学生の本業は学業です。基本的には授業や課題を優先した学生生活を過ごしていました(1週間学校を休んでNYに行ったことを除けばですが…まぁ1週間くらい、、ね)。
卒制では、今までにやったことのない手法での作品の制作の練習と、なるべく手作りに頼らない作品制作を目指しました。

これらが大学4年生の3つの柱。
それぞれに目的を持って臨むことにしました。

次回からは、もにまるずの活動、芸術祭、卒業制作、この3つに分けて書いていこうと思います。

もにまるずヒストリー15:デザインフェスタ初出展

2013年5月15日水曜日

若手クリエイターの携帯待ち受けの配信スタート!

若手クリエイター3人の携帯待ち受けの配信がスタートしました!
HAPPYマイキャラという携帯サイトから「M-picnic」という特設サイトで配信されています。
クリエイターたちが楽しく外にお出かけするようなイメージで命名されました。

カラフルな色と蛍光カラーで優しくて、ちょっと切ないような、元気が出るような絵を描く「角裕美さん」。

超カワな女の子や謎のキャラクターを描いて描いて描きまくる「山崎ひかりさん」。

大好きな作家のお二方と一緒に配信させていただいています。



渡部は前から大切にしていたキャラクター「さんりんうさぎのミィワ」を配信しています。
ミィワは、三輪車に乗った三歳児とうさぎがスクランブル交差点でぶつかってできたのです。


待ち受けはこんな感じ!




フィーチャーホン(ガラケー)のみ対応となっております。
対応携帯をお持ちの方はぜひ〜!



HAPPY!マイキャラ

-----------------------------------------------
角裕美さんwebサイト「角んち」

山崎ひかりさんwebサイト