2014年1月30日木曜日

自分より上手な人がたくさんいるのに、自分が作る意味

作っていて誰もがきっと思うこと「これは自分が作らなくてもいいのではないか?」

自分よりも上手い人はたくさんいる。
自分よりも面白い作品はたくさんある。
自分が作る意味はあるのだろうか。

こんな考えがふとよぎることがあるのではないでしょうか。

私の場合で言うとこんな感じです。
私は主にキャラクターフィギュアを作っています。
でもフィギュア造形の専門家ではありません。超絶技巧の造形師さんはたくさんいます。
キャラクターデザイナーでもありません。そこまでの数を作っていません。
イラストレーターを使って平面の制作物もやるけれど、グラフィックが得意なわけでもない。
文も少し書くしマンガも描いて本にするけれど、本を作る知識もほとんど無い。

あれ、自分は何なの?
全ての面で自分よりも優れた人がたくさんいるのに、どうして作るんだっけ?

こんなふうに思うことがあるかもしれません。
私は、思います。

そんな時は原点に帰ります。

「そもそも他の誰かより上手なことなんて一つも無かった!!」

誰かの作品に感動して、憧れて作り始めたんだろう。
誰からも頼まれずに、下手くそな自分が勝手に作り始めたんだろう。
それでも、お客さんではいられなくなって、自分が勝手に作り始めたんだ。
そもそも比べること自体が間違ってる。
聞きかじっただけの市場の分布図みたいなのに自分を当てはめてもしょうがない。
そこに入れる位置にいないんだから大丈夫。
やることは、作る、形にする。それだけ。

興味のあること、少しだけできること、ちょっと得意なこと。
そういったことの少しずつの掛け算で作品を作り上げる。あと、それを形にする意思と体力と。

「これは自分が作らなくてもいいのではないか?」に対しては「そうだね、作らなくてもいい」と言えます。
もともと存在しないものなんだから、無くても誰も困りません。そもそも無いのですから。

でもそれを作ることで自分が楽しめたならば、まずはそれで十分意味があったと言えるのではないでしょうか。

それを作って一人でも喜んでくれたなら、なおさら作った意味があります。
そもそも何も無かったところから、喜んでくれる人が1人生まれたのですから。

大学時代、もともとは一人で作っていた「もにまるず」。自分が楽しいから作っていました。次第に「売ってもらえますか?」ってメールが来て、その都度1個ずつ作って学校で受け渡しをしていました。
はじめは自分が楽しいから作っていて、それで喜んでくれる方がいるので、追加で作りました。それだけです。

今は何百個、何千個と作るけれど、作るのはやっぱり1個ずつ。
楽しいから作っています。それで喜んでくれる方がいるのでたくさん作っています。

1人や1個?そんな少しじゃ意味ないなんて思っていたら、百個も一万個だって意味ありません。大切なのは1人です。1個です。

そもそも「無かった」ものを作って、自分でも他人でも何かしらの感情や関係性が変化したのなら、自分が作る意味があると思って作っています。

作ります。


【関連記事】今の自分が制作している位置と、これから目指す位置

【関連記事】誰にでもできることを、誰もやらないくらいやる

2014年1月21日火曜日

もにまるずに「カッパ」や「おに」「グレイ」がいる理由

もにまるずには、動物ではない生き物がいます。
ただいるわけではなく、自分の中では意味があるのです。
これをお話するとなると、少し遡ることになります。

私は生物学者になりたいと思っていた時期がありました。

というのも、小さな頃から昆虫や生き物が大好きで、カブトムシや蝶を幼虫から羽化させたり、サワガニを捕まえたり、川魚を釣って飼育もしました。5歳〜小3までは虫、小4からは魚に夢中でした。カエルやカマキリ、カミキリムシ、バッタ、トカゲなどなど、エサが難しいものはあまり上手に飼えなかったものもいましたが、捕まえられる生き物は色々飼ってみて、飼育が無理な場合は逃がしたりしていました。
とにかく生き物が大好き。家庭訪問に来た小学校の担任の先生がたくさんの虫カゴを見て感心し、私のことを「虫博士」と名付けてくれました。

博士な私が中学生になり、次に熱中したものは「未確認生命体」通称UMAと言われているものです。UMAとはカッパやネッシー、ツチノコなどで有名な夢あふれる生き物たちのこと。生物学者になって生き物の基礎を勉強して、最終的には未確認生命体の研究家になるんだ!という夢をもっていたのです。なんという中学生でしょう。そしてその夢をわりと本気で引きずって普通科の高校に入学し、理系に進んで大学は生物の勉強をしようと考えていました。本気です。

でもこの夢は人にはあまり言えません。中学生の時に人に言っていた夢は「実業団のバスケチームに入って社会人バスケをやる」と言っていましたがバスケのセンスが無いことは気がついていたので、中学3年生くらいからは「将来はプラモ屋のおっちゃんになりたい」と授業で発表するほどになっていました。進路を考える総合学習でもパイロットとかパティシエとか興味が無く、自営業を調べていました。なんという中学生でしょう。
プラモ屋のおっちゃんになりたかった理由は単純明快、プラモばかり作る生活がしたかったからです。どうしたら自分でお店を作れるのかが本当に知りたくて知りたくて、プラモ屋に聞きに行ったこともありました。でも毎回緊張してしまって何も聞けずにプラモを眺めて、適当な塗料だけ買って帰ってくるそんなシャイな中学生。結局聞けずに中学生が終わりました。

もうひとつの夢、それは漫画家になることでした。これも小さな頃から絵を描くのも大好きで小学ではマンガクラブに入っていました。大好きなマンガはジャンプで連載していた「花さか天使テンテンくん」という少年と天使のマンガです。アホな天使と、ダメダメな少年のお話です。ドラえもんの代わりにダメダメな天使がいて、のび太くんの代わりにもっと何もできない少年がいるような感じです。そのテンテンくんの模写ばっかりしていて、とにかくテンテンくんとウ○コばかり描いている小学生でした。
テンテンくんが好きすぎてイラストはがき投稿もしましたし、作者の小栗さんよりもテンテンくん描くのが上手いと思い込んでいました。いずれはテンテンくんの作者になれる!とも思い込んでいました。ちなみにマンガの巻末イラストコーナーに掲載されることはありませんでした。(作者さんより上手かったはずの私ですが、鉛筆で描いてたので論外だったみたいです)

中学生になっても高校生になってもテスト期間中はマンガを描くことばかりが捗っていました。しかしテスト期間が終わると部活がはじまるので結局完結した話を描き上げたことは一度もありません。

ぼんやりとたくさんの夢やビジョンがありました。
「生物学者(UMA大好き!)」「プラモ屋のおっちゃん(作って暮らしたい)」「漫画家(絵を描きたい・世界を作りたい)」などなど。

私ももう高校生でしたから未確認生物の研究家が仕事として成り立たないこと実はわかっていました。
そして自分の中でこういう結論が出ました。
「UMAは趣味にして、生き物とかそういうのを研究するのではなく、それを作ったり表現したりしていけばいいのではないか」

そして高校生2年で出会った造形師という仕事、美術大学という進路。
この全ての夢を満たすと思えたのが「美大進学」でした。

これで今までの夢のピースがつながったのです。

そして私は美大を目指すことに決めたのでした。

もにまるずの中にUMAが存在するのはこんな理由があったのです。
大げさに言うならば小学・中学・高校の夢を受け止めているのが、もにまるずのUMAたちなのです。

そう思って、「カッパ」や「おに」「グレイ」などを可愛がってもらえたら、より柔らかく感じるかもしれません。


※途中までUMAを仕事にしようとしてたのがすごい


2014年1月17日金曜日

今の自分が制作している位置と、これから目指す位置

適度なスポーツは健康にいいと言われています。

でも、プロレベルの運動はぜんぜん身体によくないだろうし、
そもそも健康のためにやっていないはずです。

中学生や高校生の部活の朝練で、早朝の超寒いなか走ったり、意識が朦朧とするほどの暑さの体育館で運動するのとか、あれは全然健康によくないです。
それも健康のために運動しているわけではないからです。

作品を作ることも同じように、心の健康によい趣味の制作から、プロレベルの制作があるのでしょう。

位置は色々。
自分がどの位置で制作をしているのかを考えることはとても大切です。

自分が楽しむための趣味として作るのか。
特定の誰かに喜んでもらうために作るのか。
イベントに出て販売して活動するのか。
制作を仕事にして生活できる程度に作るのか。
さらにもっと創り上げたい何かのために作るのか。

「レベル」と言ってしまうと、高いほうが良いというニュアンスになってしまうので「位置」と言います。上・下ではなく、X軸Y軸と思っていただければ。そういうイメージの位置です。

自分がどの位置を目指しているのか、今どこにいるのかを知ることで行動も変わってきますし、他人からのアドバイスの意味も違ってきます。
アドバイスをくれたその人が、どの位置を思ってアドバイスをしているのかを捉える必要があるからです。

自分の趣味で作っているのに「リピートをしてもらうにはこういう展開をしたほうがいいよ!」って言われても「いや、まだまだそんなつもりでは…」ってなりますよね。

反対に、考えがあってあえてやっていない事に対してアドバイスがあると「確かにおっしゃる通りだけど、違うんだ、、それはやらないと決めているんだ」という悔しさもあります。現状が追いついていないから仕方がないのです。それはもう、受け止めるしかありません。結果を出すしかない。

自分が制作している位置はだんだんと変わっていく場合もあるでしょうし、目標としているスタイルが今の活動の延長線上には無い場合もあります。

ある段階ごとに覚悟が必要だったり、今とは方法を変える必要もあるはずです。
場所や人手が必要になるかもしれませんし、まとまったお金が必要かもしれません。
きっと難しい決断もあるでしょう。

その時は、自分がどの位置にいて、どこを目指すのかを問うことが大切なのでしょう。

私には「この位置で作りたい」というイメージがあります。
まだまだ全然追いついていません。
でも、そこに行くにはこうするしかない。
こういう位置で作るには、きっとこういう仕組みが必要だろう。考えて考えて。
日々作っています。

2014年1月14日火曜日

もにまる記を書き始めた理由を思い出した


「もにまる記」とは大学1年から2年にかけて作品をリメイクする時に書いていたノートのことです。この時に「100ANIMALS」から「もにまるず」になったのです。

詳しくは、過去の記事「もにまるずヒストリー」に書いてあります。

書きはじめたときは、表紙にタイトルは書いてありませんでした。100ANIMALSから名前が変わる事がわかっていたからです。途中で「もにまるず」という名前に決定し「もにまる記」という表紙のタイトルを書き込みました。

中にはイラストを起こしていった形跡とか、何個作ったかとか、配合などの条件のメモが書かれています。

なぜ、このような面倒なノートをつけていたのでしょうか。
これを書き始めたきっかけがあります。ただし、昨日まで忘れていました。

昨日、ふと思い出したのです!!

なぜ、これを思い出したフジテレビ月9「失恋ショコラティエ」を見て一気に思い出したのです。

失恋ショコラティエは松本潤さん主演のドラマ。
ぱっと見「バンビ〜ノ!」が再放送してるのかと思いました。
その時、全てを思い出しました。

ショコラティエ…
まつじゅん…
バンビ〜ノ…
修行…
……ほっしゃん!!
ほっしゃんのノート!!!

もにまる記を書き始めたのは、松本潤さん主演のドラマ「バンビ〜ノ!」の織田さん(ほっしゃん。さん)がきっかけだったのです。
彼がスイーツのレシピを研究して、めっちゃノートを書き溜めていました。
これを見て伴(松本さん)が驚くわけですが、私も驚きました。

「これだ!こういう感じの蓄積が絶対大切なんだ!!」

その日から書き始めたわけです。それが今に繋がっています。
もにまる記は、リメイク専用のノートだったので大学1〜2年くらいのことしか書いてありません。芸祭でリベンジの展示をした後はほとんど書くのをやめました。

この頃のノートと比べると、工程はどんどん進化してきています。
今はそれをマニュアル化しようとしている真っ最中です。
もう7年たちますし、ひとつ形にしてみようと思います。

勘と目と手でやってきた事を文章化、数値化するのは大変です。
多大な時間がかかります。でもそれが後々大きな財産となるはずなので、今は負荷がかかりますが頑張ります。


それにしても、「失恋ショコラティエ」の石原さとみさん

…めっちゃカワイイ。