2015年5月26日火曜日

クリエイターのための筋トレ・ダイエット入門② 〜脂肪と筋肉は別モノ!!〜

PC作業やイラスト作業のデスクワークが中心クリエイターには筋肉は必要ないように思えますが、筋肉を鍛えるメリットについて前回のブログでご紹介しました。

クリエイターのための筋トレ・ダイエット入門① 〜クリエイターが筋トレをする3つのメリット〜

その3つとは、筋トレをすると

1、活動的になれる

2、痩せる

結果的に
3、作れるモノの幅が広がる

理由は前回のブログをお読みいただければと思います。


さて、今回は筋トレやダイエットをするにあたって最も基本的で、
最も大切なことについてお話します。

「脂肪と筋肉は別モノ!!!!!」

これだけ理解していただければ今回はOKです。

スポーツ経験などない方からしばしば聞こえてくるのが「脂肪を筋肉にする」とか「運動しないと筋肉が脂肪になる」などいう言葉です。

しかし「脂肪と筋肉は別モノ!!!!!」

ぬいぐるみのまわりに着いた、ホコリだと思ってください。
ぬいぐるみ本体の繊維と、ホコリは、別モノですよね。
本体が筋肉、ホコリが脂肪と思ってください。

この喩えはあまり上手ではありませんが、とにかく別モノ!



脂肪が筋肉に変化したり、筋肉がそのうち脂肪に化けたりなんてことはありません。

この勘違いの原因は「ボディビルダーは脂肪をたくさんつけてから筋肉をつける」と言われているからかもしれません。
確かにボディビルダーはそのようにするようですが、脂肪をつけるとそれが後から筋肉に変化するから、という理由ではありません。
体重が多いほど重いものを持ち上げることができ、トレーニング効果が大きくなるからです。
その後、脂肪を落として筋肉がよく見えるような体に仕上げるわけです。
脂肪を筋肉に変えたわけではないのです。


確かに、筋肉をつけると体重は増えます。
筋肉は脂肪よりも重いです。

じゃあ、ダイエットしたいなら筋肉つけちゃダメじゃん!

ということになりそうですが、そうではありません。

脂肪を燃やしてくれるのは、筋肉です。
筋肉を増やすことで太りにくい体にすることができるのです!

筋肉をつけずに、食事制限だけで痩せたとしても、たくさん食べたらまた元の体重に戻ってしまいます。

筋肉を鍛えておけば、食べたものを燃焼してくれるので太りにくくなるわけです。

ここらへんのお話はまた今度。

とにかく今回、頭に入れていただきたいこと

「脂肪と筋肉は別モノ!!!!!」

それでは、また!!


【関連記事】
クリエイターのための筋トレ・ダイエット入門① 〜クリエイターが筋トレをする3つのメリット〜






2015年5月25日月曜日

もにまるず制作スタッフ募集!! (受付5/31まで)


手作りフィギュア「もにまるず」の制作スタッフを募集します!!

美術系の大学生1年生〜3年生が対象です。応募は5月31日(日)21時まで!


時給:850円〜
時間:週2〜4日、8〜20時の間の好きな時間帯で2時間以上
   (例10時〜18時、13時〜19時、17時〜20時など)
場所:東所沢駅 近くにある「もにまる工房」



詳細はこちら!



◎「もにまるず」とは◎

もにもにした触り心地の動物フィギュアです。
もにまるずweb http://monimals.net/

もにまるずは手作りで制作しており、玩具店、美術館、雑貨屋さんなどで販売しています。
ヤマシロヤ、キデイランド
箱根彫刻の森美術館、東京都美術館
Forma、東急ハンズ、ハンズビー、ヴィレッジヴァンガードなど全国約40店舗以上で販売しております。

現在は20人のスタッフと「もにまるず」を制作しています。
一年以上続けられる方だと嬉しいです。




◎コラボもにまるず◎









少しでも気になったらお気軽にご連絡ください!
メールのやりとりの後、面談とお試し制作試験を行い、採用を決定致します。
すぐには決めにくい方もメールだけでも頂ければと思います。


氏名・学校・学科・学年、を明記の上、

こちらのメッセージフォーム からご連絡をお願いします。

もしくは moni-staff@monimals.net にメールお願いします。

新しい時代のキャラクターを一緒に楽しく作っていきましょう!


週末に展示販売がありますので、こちらもぜひお越しください〜!

「ベビーもにまるず展2」
原宿デザインフェスタギャラリーEAST202
5/30(土) 13:00〜19:00
5/31(日) 11:00〜19:00





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
渡部学(わたべまなぶ)
クリエイター/もにまるず作者
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 2010年度卒

http://www.watabemanabu.com/








2015年5月23日土曜日

クリエイターのための筋トレ・ダイエット入門① 〜クリエイターが筋トレをする3つのメリット〜

クリエイターとしてオリジナルのキャラクターフィギュア作品を作りながら、ここ半年ほど筋トレをしています。
筋トレ雑誌に投稿をしたり、Twitterやブログでも筋トレ筋トレ騒いでいるので、打ち合わせの時も筋肉の事が話題に上ることも多々あります。
「作品のイメージとのギャップ!」とよく言われますが、
ここでクリエイターが筋トレをするメリットをお伝えできればと思います。

1、活動的になれる


筋トレをすると元気になります。特に男性の場合は良い男性ホルモン(テストステロン)が分泌されるので活力が湧いてくるようです。
成功してる社長さんとか筋トレしているイメージがありますよね。

友人が言っていたのですが、筋トレして7kg痩せたら仕事でイライラしなくなったし効率が上がった、という体験をしたそうです。
太っていた頃よりも精神面でも元気になったようです。
「筋トレと、痩せるの、大事っす」と言っていました。

良い男性ホルモンのテストステロンが、ドーパミンの分泌を促すので「やる気」や「幸福感」が生まれるようです。
また、ドーパミンは食欲を抑える効果もあるようで、必要以上のカロリー摂取を抑えてくれる働きもあります。

女性でも、男性ホルモンは分泌されていますし、
女性は筋トレをしてムキムキになることはほとんど無いのでご安心ください。
(筋肉がつきやすい男性だって、めっちゃ頑張ってムキムキになれるか、なれないか、というラインなので)



2、痩せる

筋肉をつけることで基礎代謝が上がります。基礎代謝とは、自分の体が生きているだけで消費するエネルギーのことです。
運動をせずにじっとしていても、人間は生きているだけでエネルギーを消費しています。
筋肉を増やすと消費するエネルギーも増えるので基礎代謝が上がり、ぼーっとしているだけでも消費するエネルギーを増やすわけです。
そうすると痩せやすい体質になります。

ここらへんの事は、また別の機会で解説いたします。

痩せると何が良いかというと、1で述べたようにやる気が自然と出るようになって活動的になります。



3、作れるモノの幅が広がる

クリエイターにとって最も大切なのは、ここです。物理的・精神的に作れるものの幅が広がる(こともある)のです。

何かを作るときに自分の身体能力を基準に作ってしまいがちです。

物理的な例でとしては、大きな作品を作るにあたって、作品の大きさ・重さなど、やはり自分基準になりがちです。
自分ひとりで運べないものはあまり作りたくはありません。手の届かない大きさには少し抵抗があります。

筋力が作業に直接影響する例もあります。
私の経験ですが、フィギュアの原型をシリコン型から抜くときに、ものすごい握力を使って抜くものがあります。もにまる工房で、この作業ができるのは今のところ自分だけです。

知り合いの話では、ソフビ職人さんも、ソフビフィギュアの腕を本体にはめるのに絶大な力を使うようで、一日に数体しかはめられないという話も聞いたことがあります。

もちろん、これらのことは道具を使ったり、人に助けてもらったりして解決することが多いのですが、自分の筋力が少なからず関係していることを覚えておくといいかもしれません。

あとは、「1、活動的になれる」に戻りますが、
筋トレをしたり、痩せることによって、心身共に元気になり、制作意欲が旺盛になります。

制作意欲が高まれば、今までできなかった作品にも挑戦できるようになります。

新しい作品を作ることによって、イベントや展示にも積極的に出展できるようになります。

そして新たな出会いが生まれ、新しいお仕事に繋がる第一歩になります。

クリエイターにとって、これが一番大事なことではないでしょうか。


もちもちましゅ ©watabemanabu



次回からは、筋トレの基本的な考え方と、方法をご紹介いたします。


【関連記事】

目標を達成するには、感情をセットにする (Tarzanに載りました)

作品の大きさって意外な事に影響されている


2015年5月17日日曜日

目標を達成するには、感情をセットにする (Tarzanに載りました)

先日、愛読雑誌である一般人向けトレーニング雑誌のTarzanにちょこっと載ることができました。
Twitterでは散々騒いでいましたが、腹筋図鑑という企画に掲載されました。




簡単に経緯を。
以前ブログに書いた「3ヶ月トレーニングしてどれだけ変身できるか」という企画に載りたくて、鍛え始めました。
その企画は落ちたのですが、後日メールが届いて「腹筋図鑑という企画にぜひ掲載したい」という連絡をいただきました。
そして編集部のスタジオに行って撮影していただいて、無事に掲載されることになりました。

できる限りの行動をして、発信して、あとは天命に任せる。

そうすると不思議なもので、上手くいくものなんだなとつくづく感じた出来事でした。

ここで大切なことを再確認しました。

「目標を達成するには、感情をセットにする」ということ。

別に、3ヶ月トレーニングして痩せたかったわけではありません。
筋肉をつけることもそんなに問題ではありませんでした。

ポイントは「Tarzanに載ったらめっちゃ面白くない?!」ということ。
普段は座りっぱなしの仕事をしてるし、かわいい系の作品を作ってるのに、
筋肉で雑誌掲載とかできたらめっちゃウケる、という感情です。

痩せたいとか、筋肉つけたいとか、雑誌に載りたいとか、それ以上に大切なのは、
それが達成された時にどんな感情になるかを明確にイメージすること。

目標を達成するには、感情をセットにする、これが本当に大切。

どんなことにも共通しているのではないかと思います。

一度は落ちたけど何と別の企画で載ることができて、イメージしていたその感情を現実に体験することができました。


そして記念して「まちょまちょましゅ」という作品を作って、限定バージョンでプレゼント企画を実施しました。

この企画も、実は挑戦を始めたころからぼんやり考えていました。
掲載されるかもわからない時からです。
それができたら、おもしろいからです。

糖質制限はツラかったけど、
掲載されて、プレゼント企画までできたら、おもしろいだろうな〜という感情で頑張れました。


普通に考えて、自分より筋肉がある人なんて星の数ほどいるわけです。というか自宅で10分〜20分で鍛えたところでたかが知れています。それは知っていることでしたし、アームレスリング大会で身をもって感じました。
それでも「自分なんて」と思わずに、「こうなったらおもしろい!」という感情で行動しました。

そうしたら、うまくいきました。

可能性があるものは、やってみるものですね。

別に筋肉が多い少ないとか、いいんですよ。どっちでも。
デスクワーカーですから。(あったほうがいいけど)

大好きなTarzanに載ったら、おもしろい。それでいいんです。


目指す事の大小はもちろんありますが、
「目標を達成するには、感情をセットにする」これが大事!!

(なにやっても、自己啓発本みたいなことを言いますね)

ということで、こちらが、渡部が掲載された記念すべきTarzanです!!

これからもTarzanを愛読して鍛えます!