2016年9月25日日曜日

武蔵野美術大学で講義してきました!


2016年9月23日(金)

武蔵野美術大学のインターンシップ演習2016で、特別講義をさせていただきました。

この授業は、毎週入れ替わりで様々な講師が、多様な領域での活動についてお話しをするものです。学生の視野を広げたり、フットワークを軽くするためのきっかけとなるような構成になっている授業です。

なんと、昨年に続き今年も講義をさせていただきました。

講師陣の中では一番若いようですが、学生に一番近いからこそ話せる内容を語ってきました!

「芸祭から作家活動」というタイトルで「どうしたら作品を広げていけるか」をテーマに、大学1年で作り始めた「もにまるず」をずっと続けてきた話をしました。

内容についてはふれませんが、
作って、発信していると、誰かがふさわしいタイミングで声をかけてくれる。
ということを実感してきたので、1年生から4年生、そして卒業してからの活動を順を追ってお話しました。

失敗したことも、悔しかったことも、情けなかったこともたくさん話してきました。

そして、どうすれば作品を広げていけるのか、大学1年生の自分が聞きたかった内容を語ってきました。

話している相手は「300人の学生」ではなく「大学1年の自分」でした。

たった一人でも、心に火がついて、届けばいい、そんな想いで講義してきました。

学生の頃から、いつかは講義をしたいと思っていましたし、
そのためにずっと記録を残してきました。

このような機会をいただけて、心から感謝しております。




今年も、この講義で配るための冊子を作りました。
イラストは武蔵野美術大学を卒業した「かざまりさ」さんです。
いつもありがとうございます!


学生という時間は、とても貴重です。
ぜひ、目一杯、活動してほしいです。
そして、ぜひ、作品を「とにかく完成」させてください!

この講義が、学生さんの活動のひとつのきっかけになれたら嬉しいです!


ありがとうございました!


※講義を聞いて、もにスタッフになりたいな〜と思った学生さん、
もしいらっしゃいましたら、ご連絡ください!


2016年9月19日月曜日

「Life & Create -Botanical-」展示の様子と、展示への思い


展示概要
----
2016年9月17日-18日 
デザインフェスタギャラリー原宿EAST 201,202

美大生として生き、活動し、つくる。
美大を卒業してプロとして生き、活動し、つくる。


美大生・美大卒のクリエイターたちによるグループ展示「Life & Create -Botanical-」展。植物をテーマにしたイラストレーション・アクセサリー・立体など様々なジャンルの作品が集います。作品展示のほか、アクセサリーや雑貨などのハンドメイド作品の販売もいたします。
 ----

「Life & Create -Botanical-」展、終了いたしました。

このブログで展示の様子と、展示への思いをお伝えできればと思います。



展示空間には、作品と一緒に植物も設置しました。

以下、作品の写真です。















掲載したのものは全ての作品ではありませんが、それぞれの作風が出ている素敵な作品が揃いました。
展示には二日間で300人以上の方々にご来場いただけました。


【本展示への思い】

展示に参加した美大生・美大卒のクリエイターは「もにまるず」に関わってきたメンバーです。
普段は仕事として「もにまるず」を一緒に作っていたり、食事会などで会って顔は知っているのですが、普段はどんな作品を作るのか、どういうプロセスで作っているのかは、ふんわりとしか知らないことが多いのです。

展示を通してお互いクリエイターとして再認識したり、
同級生や友人を呼び、交流ができるような場にできればと思い、
株式会社ワンダーマーク1周年を機会に、この展示を開催いたしました。

展示期間中には、スタッフのご両親もご来場くださり、
実は非常に緊張するのですが、スタッフのみんなにはいつも助けられていますので、お会いしてご挨拶ができ、とても嬉しく思いました。


17日のレセプションでは、歴代のスタッフや、ご友人も集まり、とても素敵な時間になりました。


#sampaguitacakeandsweets 様 が記念のスイーツを作ってくださいました!
http://sampaguita-weddingcake.com/



【デザインフェスタギャラリーで開催した理由】

展示をするときはデザインフェスタギャラリーをお借りすることが多いのですが、ここは思い入れが深いギャラリーだからなのです。

大学2年生のとき、Gift Of Somebody という学生アート団体からお誘いを受けて初めて学外で展示をしたのが、デザインフェスタギャラリーEASTでした。
「もにまるず」が初めて外に出た、記念すべき場所です。そして、この展示からどんどん物事が進み、今の「もにまるず」があるのです。

私と「もにまるず」の原点とも言えるギャラリーがデザインフェスタギャラリーです。

スタッフさんも本当に丁寧にご対応してくださるので、感謝でいっぱいです。

そして、今回もギャラリーブログをとてもご丁寧に書いてくださり、その記事の内容がとても嬉しかったので掲載させていただきます。

そして参加クリエイターの皆さんは、もにまるず工房のスタッフ&卒業生スタッフ。
「工房ではふだん皆がどういう作品をつくっているかわからないんです」と
おっしゃっていた渡部さん。ずっとやってみたかった企画だそうです。
 
今回の展示会のために新たな作品作りに挑戦した方もいたそうで、搬入のときから皆さんがとても熱心に、そして楽しそうに準備されている様子が印象的でした。 
同じ工房で働く仲間であり、同じクリエイターとして切磋琢磨し合う仲でもある。
甘い関係ではないけれど、 “つくること”が大好きで“つくるひと”を心から大事にしている真摯な想いが伝わってきます。
http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2016/09/life-create-botanical.html

学年も年齢も経験も関係なく全員が同列に並んで、それぞれがクリエイターとして作品を作る。そういう展示にしたかったのです。

感覚としては若手を「育てる」「プロデュース」という感じではなく、「一緒に1軍入りの選手を目指して頑張ろうぜ!!」という部活の先輩の立ち位置で物事を進めています。

企画をしてから短期間での展示だったので、スタッフにはいつも言っている「勢いと体力で、とにかくつくる!」という意味も少し伝わったかと思います。

作品をつくるというのは、楽しいことだけではなく、たくさん考えたり、悩んだり、もうこんな大変な作業したくない、なんて思いながら作ったりするのですが、
それでも、完成した時の快感や、展示をした際の充実感が本当に何ものにも代え難い感覚で、たくさんの方に作品を見てもらって「やっぱり作るって良いものだな」と感じるのです。

参加メンバーにとって、そう思ってもらえる展示にできていたら嬉しいです。

参加メンバーのみなさん、
ご来場してくださった方々、
ギャラリースタッフの方々、

心から、ありがとうございました!

これからも、よろしくお願いします!

渡部学

2016年9月5日月曜日

28歳になりました!会社も1周年!!

9/5 サンリオEXPO 2016 でプリンと撮影





















9月5日です!!

渡部学は28歳になりました!

株式会社ワンダーマークは9月4日で1周年!!
どうして誕生日と会社が1日違うかって!?

9/5で誕生日ぴったりで登記しようとしたら、土曜日だから営業してませんと言われてしまいましてね!!9/4になったわけです。

起業を考えている方は気をつけましょう!誕生日と土日の関係!!

ただ、そのおかげで、渡部は26歳(と364日)で会社を作ったことになりました!

何が言いたいかといいますと、
要するに、渡部は28歳で、会社は1周年です!

本当に皆様のおかげでこうして、仕事をさせていただき、謎のテンションのブログを書くこともできるのです!!

「ああ〜〜もうすぐ30歳だ〜〜」って普段から言い過ぎていて、
逆にまだ20代なの!?って自分で思います。

どうやら、まだ28歳でした。気分は34歳くらいです。

でも28歳です。

27歳を思い返してみる…ことは特にしません!!

いろいろあった …とか、当たり前!!
いろいろ無いわけないですよね!!

ただ、一番濃い一年だったことは間違いありません。

本当に、本当に、全方向に感謝しております。

明日からも頑張ります!!!

もにまるずを中心に、新しいことも初めていきます。2年目!!

渡部学と、株式会社ワンダーマークをよろしくお願いいたします。



9/17-18「Life & Create  –Botanical–」
美大生や美大卒のメンバーを集めたグループ展示するので、ぜひ〜!
もにまるず関係のメンバーです!
ぜひ!!

http://www.watabemanabu.com/botanical