2012年9月5日水曜日

Zipperの読モをカワイイカワイイ言ってたら24歳になってた


そんな渡部学です。

この前、原宿で初めてクレープを食べました。生クリームが甘かったです。「ぬぁまクリーム」って感じでした。

24歳って数字、とてもカッコイイと思うんです。2012年という数字もカッコイイと思います。
2012年に24歳、なんて理想の数字。

しかし、現実は理想とはほど遠い。
スタートラインはどこでしょう。
スタートしたつもりで走ってても、新たなスタートラインが現れるのですね。ゴールも遠くに行くんですね。広がる宇宙ですね。

大好きなアーティストさんの作品や、友人、お知り合い、後輩の作品を見て、全員を勝手にライバル視して、尊敬して嫉妬して憧れて悔しくて、敵わないやと思いながらも超えていこうと思ったりしてる日々です。
「あの人はどんな人で、何を思い、何を作るんだろう」というのが日々の最大の感心事項です。
そういう憧れとか悔しさとかでグチャグチャな気持ちも抱きつつ、作っています。これからも作ります。

そして「もにまるず」は6年目に入りました。18歳で始めて24歳になりました。一緒に創ってくださっている皆様、本当にありがとうございます。
2013年夏、24歳のうちに行う予定の「もにまるず展」に向けてモリモリつくります。

「言うは易し行うは難し」

行うのは難しいから、簡単な「言う」ことから始めちゃう派の渡部です。
言うだけで半分は終わった感じしますね。
展示やります!

24歳の渡部もがんばります。

あ、数日前に生まれた新しいキャラクター「HUMUP-フムープ-」もよろしくお願いします。
現実の世界と夢の世界の間に住む者です。



これが自分からの誕生日プレゼントだと思っています。
眠る前に「今、描け」って脳内で言われて急いで描いて生まれたキャラクターです。
育てていきます。

話がとっ散らかりました。わざとです。

それでは、24歳になったからって別に何も変わりませんが、明日もつくろうと思います。
これからもよろしくおねがいします。