2014年10月26日日曜日

げぃさぃ2014

今年は何も参加していないので、本当に、やっと、ただの卒業生として芸祭に行ってきました。
なんで芸祭に行くかって、もにスタッフや、後輩の作品が見たいからです。

百聞は一見に如かず、です。
「どんな作品を作ったの?」って詳しく聞くくらいなら見に来いよ!って思ってました、学生時代。だから今、可能な範囲で見に行きます。

昨年は展示大賞の審査&講評をやらせていただきました。ありえない程の若造です。
講評でも、どれくらい為になることが言えたかわかりません。
もちろん巨匠からアドバイスもらったほうが嬉しいと思います。
自分が学生だったらそう思います。

講評で言えることは言ったけど、みんなの為に何ができるだろうと考えました。
こんな若造の渡部ができること、年が近いからこそできること。
それは後輩たちの活動を近くで見続けることです。共に活動することです。
知り合った後輩、展示大賞にエントリーしてくれた学生。
活動を続けている限り、可能な範囲で見続けたい。
自分も頑張って活動する。
それが、自分にできること。

今は先輩として見ているけど、後輩と言っても年が数歳しか違わないわけで、10年、20年もしたら上下関係なんて無いようなもの。
この人はガンガン伸びてくるだろな〜とワクワクしながら、恐れながら見ています。

作り続けていたら、またどこかで出会うはず。それが楽しみ。


以下、写真をアップする程度の芸祭レポートです!

2014.10.26
午前は女子美に行ってきました!

後輩であり、もにスタッフのnatiの作品。
學展で「NEWPACK」として一緒に展示した後輩。

初・女子美でした。


午後からムサビ!!


とりじん!!代が変わっても活動を続けているのがすごい!

かわすけマンガ。昨年、展示大賞にエントリーしてくれた方。

視デ3年生の展示。染め色がきれいな雑貨を販売していた。
話してみたら、当時高校生だった学生さんが、渡部の卒業制作を見ていたらしく感想を言ってもらえてとても嬉しかった。

この展示によって部員が増えたという鉄道愛好会!

ふわっとした龍!

とにかく、かわいい。

モアレ、面白い!グラフィカルでとても良かった。

見せ方が最高に良かった。

めろんそぉだ展


スチームパンク。かなり作り込まれていた!

愛すべき視デっこチームの展示。「触」がテーマだったので渡部的にとても興味深い。

油!もにスタッフの2人。ぜんぜんタイプが違っておもしろい。

映像科の学生さんの展示。もにまるずを一個持ってるって。嬉しい。

この絵、めちゃくちゃ良かった。

てっててーん!展。絵本と立体。わかりやすくておもしろかったです。

人形劇用の動く人形!仕掛けを動かしてもらった!めっちゃ動いてた。

すっっっっごく良かった。

同級生であり、ゲストDJのグッチです。

板垣さんのBeast Complex。マンガとアニメーションを制作している。
ストーリーと、間がいい。この方も、昨年の展示大賞にエントリーしてくれていた。



美少女図鑑。コンノさんっぽい人を見つけたけど、確信が持てなかったから声をかけなかった。今、思う。あれは絶対コンノさんだった。美少女だった。


ーー
と、いうことで、

げぃさぃ!!





2014年10月7日火曜日

畑みたいに作りたい

工房を片付けました。

新しいスタッフも一緒に働くことになったし、これからたくさん作る予定がぎっしりなので効率よく、気持ちよく制作ができるように。




今までは必要だと思っていたものも、今はもう必要がなかったりする。

捨てるかどうか考える基準は「もにまるずヒストリー」になりうるかどうか。
どんなにゴミみたいなメモでも、もにまるずヒストリーになる要素であればとっておく。

何年も使わなかった素材は、捨てた。


もにまる工房って、つまりは自分の考えがそのまま表れている場所だ。自分の家以上にそれが表れている。
好きなもの、大切なもの、憧れているもの、目指しているもの。
今まで作ってきたもの、これから作ろうとしているもの。

物は増えていくけど、だんだんとシンプルになっていく。
いいものを、きれいに作りたい。



目指すのは、畑みたいに規則的に、きれいに作ること。