2018年12月27日木曜日

iPhoneアプリのアイコンをIllustratorで制作するUdemy講座がスタートしました!

こんにちは、渡部です。立て続けにUdemyのお知らせばかりですね。
最近、Udemy講座つくりにハマっています。


今回の講座は、
【超入門】iPhoneアプリのアイコンをAdobe Illustratorで作成しよう!Xcodeへの登録まで!
というコースです。

XcodeでiOSアプリを開発していて、アイコンもご自身で作成したい方向けの講座です。10種類のアイコンを一緒に作成しながらIllustratorの操作と機能を学習しXcodeへの登録もします。Illustrator未経験者向けの講座です。




私は趣味でiOSアプリ開発の勉強をしているのですが、iOSアプリを開発されている方でアイコンも自分で作りたい方向けのUdemyのIllustratorコースを作りました!

iPhoneアプリの開発をしても、最後のアイコンはIllustratorかPhotoshopで作ることになります。アイコンまで自分で作れたら嬉しいですよね。
ということで作ったコースです。

めちゃくちゃニッチなコースです。

iPhoneアプリのアイコンを作りながら基本操作やグラフィックの作り方も学べるので、アプリアイコンを作らない方でも勉強になるようなコースです。

【超入門】iPhoneアプリのアイコンをAdobe Illustratorで作成しよう!Xcodeへの登録まで!

ご興味がございましたらぜひ!!

サンプルの動画アップしておきます!




2018年12月16日日曜日

Fusion360のUdemyオンライン講座がスタートしました!


Udemyというオンライン学習サイトで、Fusion360という3Dソフトの使い方講座を公開しました!

【超入門】未経験者が3Dプリントまで Fusion 360でキャラクターをモデリングして3Dプリントをしよう

Fusion360というのは、3Dデータを作成するソフトです。
3DにはCAD系・3DCG系と大きく二つに分類されます。

3DCADというのは工業製品など寸法をしっかり作りたいものに使用されます。
3DCGはアニメーションやゲームなどに使用されるもので、有機的な形を作るのに向いています。


Fusion360はCAD系ではありますが、スカルプトモードという粘土を変形させて形作るような機能がありますので、簡単なキャラクターなら作成することができます。

また、Fusion360は無料で1年間使えるソフトなので始めるハードルが低いのも嬉しいです。めちゃめちゃ使っています。



もにまるずの原型やグラフィックもFusion360で作成しています。


講座内では簡単なスタンプを作成しながら基本操作を学び、最終的にはネコの立体フィギュアを作るためのデータ作成方法を学習していきます。

サンプル動画Youtube に7本の動画をアップしたので、ぜひご覧ください!




Fusion360は直感的に操作できる部分が多く、Illustratorの操作とも似ているので表現の幅を広げたい方には本当におすすめです!

Udemy本編はこちらから受講できます!

【超入門】未経験者が3Dプリントまで Fusion 360でキャラクターをモデリングして3Dプリントをしよう

ご興味のある方はぜひ!!