2015年9月29日火曜日

新しい作品をつくるとき、誰かにプレゼントする気持ちでつくる

作品をつくるうえで、この考え方はとても大切だと思っています。

練習は大事です。
確かに、誰にも見せない練習・試作が作品を強くします。

でも、練習の考え方のひとつとして
「新しい作品をつくるとき、誰かにプレゼントする気持ちでつくる」
という考え方を持って作品をつくると上達のスピードが上がると実感しています。

最近、渡部は夜な夜な3Dの勉強をしている日々です。





はやく上達するためには、完成品をつくることが何よりも大事です。
まだまだ下手でも、時間がかかってもいいのです。とにかく完成させること。
一番大事なのは完成させることです。

完成させてはじめて反省点や、わからない点が見えてきます。


本当に、完成させることが大切。

じゃあ、完成させるためにはどうするか。

誰かにプレゼントしようと思ってつくることです。

3Dをセミナーで学んできたその日に、さっそく後輩のキャラクターのデータを作って画像をプレゼントしました。








プレゼントすると、喜んでもらえるし「誰かに見てもらいたい、喜んでもらいたい」という考え方が私にとって作品を作る原点です。


やっぱり、こうやって見てもらう前提で作ると、圧倒的に作るスピードが速くなるし、上達も早くなると感じています。

プレゼントするからには、それなりの出来栄えにしないと、と思えるし、誰かのためにつくることは大きなパワーを生み出します。

もちろん「これはプレゼントできない…」という出来栄えの作品はそっと仕舞って、新しく作ります。



ちょうど今日、もにまるずのスタッフから羊毛フェルトの「もにまるず」をいただきました。



スタッフが自分の作品を羊毛フェルトで作ろうと考えていて、その練習としてうさぎを作ってみたそうです。

再現度が高くて驚きました。こういうプレゼントは嬉しいですね。
  
ちなみに、羊毛フェルトを作ってくれたスタッフは「羊毛フェルトやってみて、なんか思っていた質感と違いました」と言っていたので、また違うジャンルに挑戦するのかなと思います。

こういう事も、ちゃんと完成させてはじめてわかることなんだな、と勉強になりました。

羊毛フェルトをつくってくれたスタッフのキャラクターも3Dにしました。
これはこんど3Dプリントしてプレゼントします。



「新しい作品をつくるとき、誰かにプレゼントする気持ちでつくる」
これは、時間かかる作品や大型の作品には向いていない考え方なので、
全ての作品に当てはまることではありませんが、ぜひ、作品をつくるときに頭の隅に入れてもらえるいいかもしれません。

これからも、誰かを想って、つくっていきます。


2015年9月23日水曜日

インターンシップ演習 感想シートのコメントへのお返事

先日のインターンシップ演習で、たくさんのコメントをいただきました。
本当にありがとうございました。

まだ誰にも言っていなかった夢を書いて宣言してくれた学生さん、今の悩みを書いてくれた学生さん、意気込みを書いてくれた学生さん。

心から、ありがとうございました。
とても共感できる言葉ばかりでした。

お返事や補足などをするべきかなと思ったコメントがいくつかありましたので、ここに書かせていただきます。



「いつも逃げてしまう」
誰でも悩むし、逃げるし、だからこそ自分を奮い立たせる言葉を机に貼ったりしました。
まずは物理的に逃げられないようにする。
ベッドがあると寝てしまうから、すぐに寝れないように下に机が置けるタイプの二段ベッドにしました。
ラグが置いてあるとゴロンと寝てしまうから、ラグも座布団も捨てました。
怠け者だと認めて、強制的に怠けられない部屋にするしかないのです。
部屋はくつろぐためにあるのか、作るためにあるのか。
それは、それぞれの価値観ですが、芸祭に生きた自分にとっては選択肢は一つでした。

制作グセがつけば、逃げるどころか、気がついたらいつも制作しているという感じになってきます。
制作の息抜きに、別の作品の制作をするようになってきます。
そこまできたら、もう立派な芸祭野郎です。

逃げても、また戻ってくればいいのです。
作品は逃げません。

※ちなみに現在は工房で作業しているので、自分の家にはベッドもソファもあります。普通にくつろいでいます。

「作品を見せる時に不安や迷いは無いのでしょうか」
あります。もちろんあります。たぶん永遠にあります。
それでも作ります。発信します。
不安なのに、悩むのに、じゃあ、どうしてそこまでして自分は作るのか、見せなければいけないのか。
これを考えることはとても大切ですし、徹底的に考えた作品が強い作品になるのだと信じています。


「才能だけでやってきた人かと思っていたけど、違った」
「もにまるずヒストリー」に書いたように、自分にはたいした才能が無いとわかったから、才能無しでどこまで行けるかを試すことにしました。どうすれば作っていけるかを考えました。

才能が無いならば、どうずればいいか。


配布した冊子「はじめの目印」に書いたこと『誰にでもできることを、誰もやらないくらいやる』を実践するしかないと思っています。

大事なのは体力です、ほんとうに。

「やりたいことがわからない。こうしたいという思いがない」
これはとてもわかりますし、とても不安です。焦りもわかります。
一年生の時はやりたいことがわからなかったので、目の前にあることに真剣になって課題や自主制作も本気で制作しました。いろんな事に手を出して、たまたま続いたことが「もにまるず」だったのです。
リメイクだって、半分は「悔しい」という動機もありました。
作りきって、もっと好きになりました。

つくりたいものがわからない、という答えに対しては、この学生さんの言葉が全てだなと感じました。



さいごに

「インターンシップ演習の講義」「はじめの目印」「もにまるずヒストリー」この3つに想いをギュッと詰め込みました。

こうして過去を語るのは作家としてはクールではありませんが、あえてこうして伝えていこうと思っています。
だいたいの人は「語るにはまだ早い」「振り返るにはまだ早い」と言います。

でも、若いからこそ、早いからこそ伝えられることがあると信じています。
少しでも同世代が盛り上がっていくのならばそれで充分です。

今の自分は、少年野球の練習に一日だけやってきて「ガンバれ!」と言って激励するプロ選手の立ち位置ではありません。
吐きそうになりながら一緒に練習している先輩のような立ち位置です。ずっとそんな感じで生きていきたいです。


直接メールやメッセージをくださる方もいらっしゃって、ほんとうに心温まります。

ありがとうございます。

これからも、何かありましたら、お気軽に!


【関連記事 2013.12.2】もにまるずヒストリーを書いた理由 


【関連記事 2015.9.19】ムサビで講義してきました!

2015年9月19日土曜日

ムサビで講義してきました!

2015年9月18日 武蔵野美術大学 インターンシップ演習2015



学生時代に何を考えて、
どのように活動して、
今の活動に至ったのか。
これを話しました。




初めての講義です。ずっと憧れていたムサビでの講義。
何を話そうか、どのように話そうか、とても考えました。

何を話したら、学生のみなさまの力になれるのか。
若いなら若いなりに、今、伝えられることは何か。

考えた結果、話す対象を「過去の自分」に設定しました。
学生時代の自分が本当に聞きたかったことを話しました。

結果よりも、過程が知りたかった。
事実よりも、感情が知りたかった。

「1年生」「2年生」という漠然とした対象は存在しません。
みんな違います。

漠然とした存在に語りかけて、漠然とした話になってしまうくらいなら、
そこに過去の自分がいると思って、8年前、そこに座っていた自分に向けて話しました。

魂を込めてお話させていただきました。

少しでも、想いが届いたならば嬉しいです。

たくさんの感想カードは一生の宝ものです。

読んでいて、涙が出ました。
今の悩みとか、葛藤とか、夢とか、たくさん書いてくれました。
そこに昔の自分がたくさんいるような気持ちになりました。

みなさまのそれぞれの想いを受け取りました。



芸祭1年の頃から、応援し続けてくださっていた齋藤先生に、心から感謝です。
高校3年生の時、オーキャンときの相談に乗ってくださったのも実は齋藤先生でした。

この機会を設けてくださった齋藤先生と武蔵野美術大学、講義を聞きに来てくれたみなさま。


心から、ありがとうございました。






また機会がありましたら、ぜひお話したいです。

学生のみなさま、何かありましたらお気軽にメッセージをください! → メール











2015年9月6日日曜日

27歳になりました & 株式会社ワンダーマーク設立!

2015年9月5日
渡部学は27歳になりました!
そして会社を設立しました!

誕生日&会社設立記念!もにまるずスタッフにお祝いしてもらいました!









設立した会社は「株式会社ワンダーマーク」といいます。




今後も、もにまるずの制作を中心に活動しながら、
新しい作品を生み出したり、たくさんの夢を実現していくための会社です。

五感を豊かにし、心を豊かにするような作品を生み出します。

もにまるずは、多くの人のご協力によって成り立っています。
心から、みなさまに感謝しております。

制作を支えてくれているのは、美大生&美大卒の制作スタッフです。
いつも、ありがとうございます。いいものを、作りましょう。

27歳になった渡部学と、株式会社ワンダーマークをよろしくお願いします!!
※もにまるずの販売や契約窓口は引き続き、森川さんの「株式会社エムループ」です。

これからも、よろしくお願いします!!!