2013年4月23日火曜日

「もちもちしてやがる」という言葉のかわいさについて






「もちもちしてやがる」という言葉のかわいさについて

「もちもちしてやがる」
素晴らしくかわいい言葉です。
この言葉は、ましゅという後輩がとある経緯で放った言葉です。
その言葉を人づてに聞き、震えました。

なんてかわいすぎる言葉なんだ!

言葉を分解して説明します。
分解するときは「ね」を入れると中学で習いました。
「もちもちね、してやがるね」

まず、もちもちから。
「もちもち」は、「もち」という言葉が入っているので、食べ物の餅というそれ単体でもかなりかわいい存在を連想させつつ、弾力のある柔らかいものを思わせる最もポピュラーな擬音語です。

つまり「もちもち」はかわいい。

さらに「してやがる」という言葉が続きます。
してやがる、自体はかわいくはありません。悪い言葉使いです。

しかし、かわいい存在が悪い言葉使いをすると突然に何倍もかわいくなる現象がこの世には存在します。
鷹の爪団のレオナルド博士や、ミルモでポン、映画「TED」のクマなどを見るととてもよくわかります。

それと同じ現象が「もちもちしてやがる」という言葉にも起きているのです。

もちもち(かわいい)×してやがる(悪い言葉使い)=めっちゃかわいい!!

もしも、「もちもちしてるなぁ」だったらぜんぜんかわいくありません。
勝手にもちもちしてれば?って感じです。は?って感じです。

「してやがる」という言葉から、もちもちしていたくないのにもちもちしている、というストーリーや、ある種の葛藤が感じられます。


そこが実にかわいい。
ラッコとか、あざらしとか、かわいく生まれたくて生まれてきたわけではなく、生まれながらにしてかわいい顔をしていて、勝手に人類がもてはやしている様な、その「うっとうしさ」みたいな感じです。

そういった様々な創造をかき立てる「もちもちしてやがる」という言葉。

たった9文字に壮大な世界を感じます。
5・7・5の松尾芭蕉先生もびっくりの言葉です。

そんな「もちもちしてやがる」という言葉にとりつかれた私は、「もちもちましゅ」というキャラクターが降って来て、いまは4コママンガを描いています。

Twitterでたまにアップするので、ぜひ見て下さいね。
@watabemanabu

もちもちしてやがる




2013年4月21日日曜日

AYAMOさんのブログに「もにまるず」が登場!!

Zipperの読モのAYAMOさんのブログに「もにまるず」が登場したのです!!


AYAMOブログ『手乗りタイガー』
http://ameblo.jp/ayamoshpit/entry-11514636727.html

これは記念すべきことです!!!
渡部はAYAMOさんの大ファンです!!!
これは大事件です!!!!


「ブログに載せてもらえたらから、ファンだとか言ってるんじゃないの?」
と思った方にお伝えします。どれだけ好きか。


渡部のTwitterを見ている方は、私がどれだけ「あやも〜〜〜〜」って言ってるか知っているかもしれませんが、結構なペースで「あやも〜〜〜」って言ってます。

かわいいし、かっこいいし、ストリートな感じが大好きです。

そもそものきっかけは、もにまるずがKERAに掲載されたことがきっかけです。
この原宿系のカルチャーかわいい!!と思い、友達が「Zipper」を教えてくれたので、Zipperを買ったのです。

ガチではまりました。どのページもかわいい。

2011年の10月頃から買いはじめ、それから毎月発売日に買ってます。


読んでいるうちにAMOYAMOなる存在を知りました。
AMO(あも)とAYAMO(あやも)でAMOYAMOです。

最初は読モだったのに、歌手デビューしたのです。

インディーズCDのイベントに、後輩と一緒に行きました。
原宿の竹下、ピンクラテの袋を持った中学生や高校生がたくさんいて、男子だけでの入場は禁じられた会場でした。そこでサインもらいました。


その後、キティロボット展なるものが表参道ヒルズで開催され、AMOYAMOさんもアーティストとして参加していた。
もにまるずの昼休みにTwitterを眺めていたらそこでトークショーをやると知り、もにまるず制作を早く切り上げ、もにスタッフと原宿へ上京したこともありました。


それからもZipperやAMOYAMOファンであり続け、本やCDは予約して買っています。

Zipper20周年記念イベントにも行きました!でも会場が混みすぎて入場規制。AMOYAMOのパフォーマンスは見れず…でも生ぱみゅぱみゅさんは見れた!!



さらに、もにまるずスタッフへのもにまるず年賀状には、Zipperの切り抜きのAYAMOを貼ります。


もにスタッフ引退の色紙にもAYAMOを貼ります。

「受け手の人がどう感じるを考えるのがデザイン」みたいなことを学校で教わりました。
たぶん呆れているのだろうな〜と思って貼っています。わかってます。

これでわかっていただけたでしょうか。ZipperとAMOYAMOが大好きです。

いつか、AYAMOさんのもとへ「もにまるず」が届くといいな〜!と思っていました。


そんなAMOYAMOのAYAMOさんがブログに載せて下さったのです!!

もう一度言います!!


Zipperの読モのAYAMOさんのブログに「もにまるず」が登場したのです!!

AYAMOブログ『手乗りタイガー』
http://ameblo.jp/ayamoshpit/entry-11514636727.html

これは記念すべきことです!!!
渡部はAYAMOさんの大ファンです!!!
これは大事件です!!!!

とても嬉しいです!!!!!
めでたい!!!!!!!!!

ありがとうございます!!!!




2013年4月4日木曜日

夢を叶えている人たち


夢をどんどん叶えているように見える人は、既に大まかな夢は見終わっていて、夢のアップデートをしながら、ひとつひとつ丁寧にやっているのでしょうね。

外からみたら夢のような事でも、もちろん本人からしたら現に今やっているのだから「夢」とは感じていないはずです。

そして、思い描いた夢を現実のものにしている人は、その人自身が、また別の人の「夢」になっていくのでしょう。


活躍している先輩アーティストの方々はとてつもないスピード感で動いています。
なんでそんなに動けるのか意味がわからないほどです。

憧れと焦りと一緒に、日々つくっています。