2012年6月2日土曜日

男女のベン図

ちょっと前、男女の脳の違いについて流行りましたよね。
話を聞かない男、地図が読めない女」とか。

男性は空間把握能力が高く論理的だとか、女性は他者理解力が高く同時並行で物事を進められるとか言われてましたね。

まあ、そんな事は僕にとってはどうでもいいわけです。

問題は男女の脳の関係を図で表す時の、ベン図です。
こんな感じで描かれますよね。



共通してる部分が真ん中にあり、男女で重ならない部分、つまりそこが男女で理解し合えない、しにくい部分であると。

図としてはコレでいいです。

でも、気持ちとしては、こんなんじゃないと思うんですね。


ワタベ式「男女のベン図」


男は単純です。女性から見たらだいたい把握できちゃうと思います。単純ですから。
女性の部分がもうほとんど被ってます。

反対に男性からみると女性がわからない。
「その話、どこに繋がってるの?」というヤツですね。
歌とかでよくある「涙の意味がわからなかった」ってヤツですね。

本題はここから。

しかし唯一、女性からみて男性の理解できない部分、図で言うとちょこっと存在する水色の部分、これは何か。

女性が「男って本当にわからない!」って思う部分。
あると思うんですね、理解できない部分。

それはこんな事だと思います。

「なぜ靴下を丸めたまんま洗濯に出すのか」
「なぜお風呂の壁に泡を飛ばすのか、なぜ流さないか」
「なぜタオルを分けてるのに人のを使ってしまうのか」
「それらの事を何度も言ってるのになぜ直さないのか」


ね。

どうでもいいテキトーな男女論でした。







0 件のコメント:

コメントを投稿