2015年2月11日水曜日

「UAMOU」と「もにまるず」の出会い


2015年2月7日からSTUDIO UAMOU限定で「UAMOU×もにまるず」の第二弾がスタートしました。

おかげ様で残りわずかになってきました。



2013年12月にもコラボさせていただいたのですが、そこまでの経緯とUAMOUという作品への想いお話したいと思います。

渡部はUAMOUの大ファンです!!
今は本当に仲良くしていただいておりますが、最初は一人のファンでした。
そしてUAMOUを知ってからずっと、勝手に高木さんを師匠だと思っています。

UAMOUとの出会い

UMAOUを最初に知ったのはいつだかわからないのですが、存在は知っていました。
クールな作品だな〜と思って調べたところ、作者の高木さんを知りました。
「UAMOUを作ってるのって女性だったのか!!」という驚き。もにまるずと逆パターンですね。
経歴を調べて、ネットの記事も探してアーティスト高木さんの活動をめっちゃ調べ始めました。
もう、格好良すぎてUAMOUに惚れました。
ものすごい活動してショップも持っていて、憧れのアーティストになりました。

大学を卒業して2011年からもにまるず作家活動を本格的に始めたのですが、最初は何を目指せばいいのか、どういう人が作家として活動しているのかも何も知りませんでした。
作家活動を始めると、そこに広がっているのは、道の無い、何もない空間です。
特に社会経験も無い自分には、何もわからず、目指すものがわかりません。
そして出会ったのがUAMOUであり、高木さんでした。
高木さんみたいになる!と強く思いました。遥か遠くにある燈台のような存在を見つけたのです。
オーバーに聞こえるかもしれませんが、本当です。

初めてUAMOUを買ったのは、2012年7月3日にキデイランド原宿グランドオープンの時期です。
(当時はまだもにまるずお取り扱いは無い頃です)



それからSTUDIO UAMOUに通い始めました。月に1回くらいでしょうか。でも高木さんに会ったことは一度もありませんでした。お店にはいない方なのだとばかり思っていました。
当時、店長さんだったAiAiさんには徐々に顔も覚えてもらっていましたが、その時は「もにまるず」を作っていることはもちろん、何かを作っていることさえ話していませんでした。もう、本当に普通にお客として通っていました。

東急ハンズ池袋店でUAMOUの催事をやると知って、もちろん行きました。
高木さんがライブペイントしている様子を遠巻きに見て、「高木さんだ!」と思って、でも描いていたので特に話しかけずにUAMOUを買って帰りました。
まぁチキンなんですね、緊張して話しかけることができずに帰りました。

高木さんとの出会い

初めてUAMOU高木さんにお会いすることができたのは2012年11月のことです。
お世話になっていた会社さんの主催でクリエイターが集まるご飯会にお誘いいただいたのです。
当時からTwitterでも打ち合わせでもいつも「ウアモウ、ウアモウ」言っていたので、渡部のUAMOU好きは周りには知られていました。
「高木さんも来るよ」とお誘いいただいて秒速で「行きます!!!!」と参加表明しました。

それはもう、すごいメンバーでばかりで皆さんご存知のキャラクターの作者さんやメーカーさんの集まりです。
23歳くらいの駆け出しの作家だった渡部はもちろん挙動不審でした。

そこで初めて高木さんにお会いしました。
ものすごくファンだったことを伝えて、色々とお話を聞きました。
かなり長いこと話してくださって、他の作家さんもご紹介していただき、なんて優しい方だろうと感動しました。

緊張して吐きそうでした。


夢のUMAOUコラボが実現

それから一年、UAMOUのようになる!と日々思って活動をしました。
不思議なもので、UAMOUさんの出店を追いかけるような形で、もにまるずもお店に置いていただけるようになりました。

2013年8月のある日、ヤマシロヤさん店頭イベントの帰りにフラっとSTUDIO UAMOUに行きました。

「今日メール送ったんだけど、見た〜?」と高木さんに言われて、
「え、見てないです」とすかさずチェックしたらなんと!

コラボのお誘いのメッセージをいただいていたのです!
驚いたの嬉しいのなんの!たまたまこの日にお店に来ているという、なんという偶然!

そして2013年12月に「UAMOU×もにまるず~もにモウ展~」の開催が決まったのです。
憧れのUAMOUといつかコラボをしたいと思っていましたが、こんなにも早く実現するとは思っていませんでした。
UAMOUカスタムと、コラボもにまるずの制作はとても充実感がありました。

これがUAMOUコラボまでのお話です。




「UAMOU×もにまるず」コラボ再び

そして、2015年の今、またコラボができることになったのです。



ネットだけ見ていると「アーティスト仲間のコラボだな」という印象を受けるかもしれません。
ちょっと違うんです!
駆け出しの作家渡部が、とにかくUAMOUが大好きで、目指して頑張って活動して、大好き大好き言い続けたのです。
この熱烈な想いの結晶が「もにモウ」です。

もにまるずをいつも気にかけてくださる、高木さんとUAMOUに心から感謝しております!

これからもよろしくお願いします!!






0 件のコメント:

コメントを投稿